【最新】Jリーグの試合日程まとめ 2018シーズン

いよいよ2月23日から2018シーズンのJリーグが始まる。J1リーグ、J2リーグ、J3リーグそれぞれの試合日程をまとめてみた。応援するチームの試合日程をチェックし、Jリーグお関心を持つ方はJリーグ速報 順位を気になるでしょう。一緒に2018シーズンのJリーグを楽しもう。

2018シーズンのJリーグ 試合日程は?

J1リーグ

2月23日(金)に先頭を切って試合を行うのは2017シーズン8位のサガン鳥栖と同9位のヴィッセル神戸だ。24日(土)にはFC東京対浦和レッズ、サンフレッチェ広島対北海道コンサドーレ札幌、ガンバ大阪対名古屋グランパス、湘南ベルマーレ対 V・ファーレン長崎の4試合が、25日(日)にはベガルタ仙台対柏レイソル、清水エルパルス対鹿島、ジュビロ磐田対川崎、セレッソ大阪対横浜Fマリノスの4試合が行われる。尚、リーグ戦最終節(第34節)の試合は、12月1日(土)となる予定である。

J2リーグ

J2リーグは2月25日(日)に2018年の開幕を迎える。25日の13:00~16:00に、11試合すべてがキックオフとなる。最終節の試合は11月17日(土)に実施の予定。尚、「J1参入プレーオフ」は1回戦が11月25日(日)、2回戦が12月2日(日)、決定戦が12月8日(土)。

J3リーグ

J2リーグは3月9日(金)~11日(日)に2018年シーズンの開幕戦を迎える。尚、3月9日に先陣を切るのは、Y.S.C.C.横浜対SC相模原の神奈川県勢だ。最終節の試合は12月1日(土)、2日(日)に実施の予定。

Jリーグをお観戦したい方は、キット生放送を見逃せないで、愛するチームを応援していくために、サポート用 Jリーグ ユニフォームは必要なものでしょう!Jリーグシリーズスポーツ用品を入手してみるのもいいのではないだろうか?

QQ图片20180207143513

ガンバ大阪 ユニフォーム ホーム まとめ※2010~2017

ガンバ大阪 ユニフォーム ホーム まとめ※2010~2017

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2010モデル。


カラー:ブルー×ブラック
特徴:変形ストライプ、胸に2009天皇杯優勝の★が追加、メーカーロゴのカラーがゴールドに変更。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:夢 〜すべてをひとつに〜

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2011モデル。


カラー:ブルー
特徴:高機能、右袖が20周年記念ワッペン付き、
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:新芯進 〜新たなる未来へ〜

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2012モデル。

カラー:ブルー
特徴:高機能、2011モデル流用。右袖の20周年記念ワッペンがない。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:躍動

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2013モデル。

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインコンセプトが「Evolution BLUE(進化する青)」、ソニックブルー
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:復活〜さらなる進化を勝ち取るために〜

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2014モデル。

 

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、赤いアクセントカラー、2003モデルで採用されたシンプルかつ力強さを表す太い青と黒のストライプ柄を基調に、チームロゴに使われている“ライジングサン”(※赤い丸の部分)をアクセントカラーとして取り入れ、「新生ガンバ大阪」を表現している。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:Rising G

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2015モデル。

 

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインにはスローガンである「Moving G」と連動した躍動感のあるデザインを採用。チームカラーのブルーを用いた、稲妻を想起させるグラデーションストライプを採用し、スピード感を表現。1997年当時のユニフォームをインスパイアさせる白襟を採用。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、大建工業(袖)
チームスローガン:Moving G

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2016モデル。

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインコンセプトは『EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現。

クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れている。

エンブレム上には天皇杯優勝を果たし9つ目の★をデザイン。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、大建工業(袖)
チームスローガン:Ambition

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2017モデル。

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインコンセプトは「KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~」。

大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用。

肩の“X”は今季も健在。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中上)、シップヘルスケアホールディングス(背中下)、大建工業(袖)
チームスローガン:勝

ガンバ大阪 ユニフォーム ホーム まとめ※2010~2017の通販情報はこちら

 

前向きの川崎と中村憲剛KENGO

履歴と近況

アジアから世界の範囲までの人気チームと言うと、もちろんはj1リーグの鹿島と浦和が大人気を持っています。川崎はj1リーグの名門クラブとは言えません。原因は一つ。川崎のチームの発足史から現在まで一度の優勝でもありません。

中村 憲剛は、東京都小平市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。ポジションはミッドフィールダー(主にボランチ)。元日本代表。2016年にJリーグMVP獲得。中村 憲剛のサッカー生涯といえば、ずっと川崎に所属しています。

2014年5月12日の2014 FIFAワールドカップ日本代表メンバー発表では落選しました。5月13日に林卓人、細貝萌、豊田陽平、水本裕貴、駒野友一、南野拓実らと共に日本代表予備登録メンバーに選出された。

2016年も主力として試合に出場し続け9ゴール11アシストを記録。チームも最終節まで優勝争いをして年間勝ち点2位になるチームの攻撃の中心となり、個人では歴代最年長の36歳でJリーグ年間最優秀選手賞(MVP)を獲得しました。

2017年、3年間務めてきた川崎フロンターレの主将を小林悠に譲り、主将の座を勇退した。10月14日、第29節のベガルタ仙台戦ではJ1リーグ通算400試合の出場を達成しました。

2017年のjリーグ監督たち

前の話、欧米のサッカーと違って、アジアのリーグは象徴的な特性が持っています。例えば、アジアで有名なjリーグと韓国のkリーグなどです。あるチームの監督の指導方法がかな用があります。リーグの状況、チームの詳細、控え力も重要な要素です。

次は今季のjリーグの監督を改めて紹介いたします。

一、ヴァンフォーレ甲府と吉田達磨

ヴァンフォーレ甲府は、日本の甲府市、韮崎市を中心とする山梨県全県をホームタウンとします。チーム名はフランス語の「Vent(風)」と「Forêt(林)」を合わせた造語で、戦国時代の武将の武田信玄の旗印である「風林火山」に基づいています。また、母体企業を持つJリーグクラブがある 一方で、ヴァンフォーレは特定の母体企業を持たず、地元山梨の会社などの小口スポンサーの支援を受けています。

吉田 達磨は現役時代のポジションはミッドフィールダー(MF)です。2016年11月15日、2017年シーズンよりヴァンフォーレ甲府の監督に就任することが発表されます。

二、FC東京と篠田善之

FC東京は、日本の東京都をホームタウンとします。首都のプロサッカークラブですが、クラブの成績はまあまあです。チームの監督も変更する頻度が高い。

篠田 善之は、山梨県甲府市出身のサッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、元サッカー選手です。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主にボランチ)。2017年は天皇杯・ルヴァンカップで敗退しました。2017年9月10日、安間貴義コーチが昇格してFC東京の暫定監督を務めることが決めました。

三、アルビレックス新潟と三浦文丈

アルビレックス新潟は、日本の新潟県新潟市および北蒲原郡聖籠町をホームタウンとします。2004年から今までずっと所属ディビジョンはj1リーグ、クラブライセンスもj1リーグです。

三浦 文丈は、静岡県清水市出身の元サッカー選手、サッカー指導者です。1993年から2006年までJリーグの選手として活動しました。監督としての履歴は一年です。

2017年より新潟監督に就任しました。だが開幕10試合で1勝2分7敗の17位に低迷し、5月7日付で休養しました。その後呂比須ワグナーの監督就任に伴い、正式に辞任しました。

Jリーグの井手口陽介

井手口 陽介は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手です。日本代表。Jリーグ・ガンバ大阪所属しています。ポジションはミッドフィールダー。背番号は「8」です。

2017年6月7日、キリンチャレンジカップのシリア戦で山口蛍に代わって途中出場し、A代表デビューを果たします。6月13日、2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選のイラク戦で代表初先発を飾りました。8月31日の対オーストラリア戦では、82分にダメ押しとなる代表初ゴールを挙げ、日本代表の6大会連続W杯出場に貢献しました。21歳8日でのW杯最終予選ゴールは中田英寿に次ぐ若さでW杯出場決定試合では歴代最年少となりました。

2017年、背番号が「8」番に変更されました。3月1日、AFCチャンピオンズリーグ2017の済州ユナイテッドFC戦で負傷離脱してしまいましたが、19日の浦和レッズ戦で途中交代から復帰を果たしました。4月21日、第8節の大宮アルディージャ戦でミドルシュートを決めたが、清水の金子翔太が決めたJ1通算2万ゴールの記録には数分間に合わませんでした。

J1、J2、J3リーグのサッカー選手、サッカーユニフォームと各名門クラブの情報一覧。