カテゴリー別アーカイブ: j1リーグ

ガンバ大阪 ユニフォーム ホーム まとめ※2010~2017

ガンバ大阪 ユニフォーム ホーム まとめ※2010~2017

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2010モデル。


カラー:ブルー×ブラック
特徴:変形ストライプ、胸に2009天皇杯優勝の★が追加、メーカーロゴのカラーがゴールドに変更。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:夢 〜すべてをひとつに〜

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2011モデル。


カラー:ブルー
特徴:高機能、右袖が20周年記念ワッペン付き、
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:新芯進 〜新たなる未来へ〜

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2012モデル。

カラー:ブルー
特徴:高機能、2011モデル流用。右袖の20周年記念ワッペンがない。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:躍動

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2013モデル。

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインコンセプトが「Evolution BLUE(進化する青)」、ソニックブルー
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:復活〜さらなる進化を勝ち取るために〜

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2014モデル。

 

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、赤いアクセントカラー、2003モデルで採用されたシンプルかつ力強さを表す太い青と黒のストライプ柄を基調に、チームロゴに使われている“ライジングサン”(※赤い丸の部分)をアクセントカラーとして取り入れ、「新生ガンバ大阪」を表現している。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、でん(袖)
チームスローガン:Rising G

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2015モデル。

 

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインにはスローガンである「Moving G」と連動した躍動感のあるデザインを採用。チームカラーのブルーを用いた、稲妻を想起させるグラデーションストライプを採用し、スピード感を表現。1997年当時のユニフォームをインスパイアさせる白襟を採用。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、大建工業(袖)
チームスローガン:Moving G

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2016モデル。

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインコンセプトは『EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現。

クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れている。

エンブレム上には天皇杯優勝を果たし9つ目の★をデザイン。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中)、大建工業(袖)
チームスローガン:Ambition

 

説明:ガンバ大阪 ユニフォーム。ホーム ユニフォーム。2017モデル。

カラー:ブルー×ブラック
特徴:高機能、デザインコンセプトは「KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~」。

大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用。

肩の“X”は今季も健在。
提供:アンブロ
広告:パナソニック(胸)、ロート製薬(背中上)、シップヘルスケアホールディングス(背中下)、大建工業(袖)
チームスローガン:勝

ガンバ大阪 ユニフォーム ホーム まとめ※2010~2017の通販情報はこちら

 

前向きの川崎と中村憲剛KENGO

履歴と近況

アジアから世界の範囲までの人気チームと言うと、もちろんはj1リーグの鹿島と浦和が大人気を持っています。川崎はj1リーグの名門クラブとは言えません。原因は一つ。川崎のチームの発足史から現在まで一度の優勝でもありません。

中村 憲剛は、東京都小平市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・川崎フロンターレ所属。ポジションはミッドフィールダー(主にボランチ)。元日本代表。2016年にJリーグMVP獲得。中村 憲剛のサッカー生涯といえば、ずっと川崎に所属しています。

2014年5月12日の2014 FIFAワールドカップ日本代表メンバー発表では落選しました。5月13日に林卓人、細貝萌、豊田陽平、水本裕貴、駒野友一、南野拓実らと共に日本代表予備登録メンバーに選出された。

2016年も主力として試合に出場し続け9ゴール11アシストを記録。チームも最終節まで優勝争いをして年間勝ち点2位になるチームの攻撃の中心となり、個人では歴代最年長の36歳でJリーグ年間最優秀選手賞(MVP)を獲得しました。

2017年、3年間務めてきた川崎フロンターレの主将を小林悠に譲り、主将の座を勇退した。10月14日、第29節のベガルタ仙台戦ではJ1リーグ通算400試合の出場を達成しました。