タグ別アーカイブ: 危ない状況2017年のjリーグ監督たち

2017年のjリーグ監督たち

前の話、欧米のサッカーと違って、アジアのリーグは象徴的な特性が持っています。例えば、アジアで有名なjリーグと韓国のkリーグなどです。あるチームの監督の指導方法がかな用があります。リーグの状況、チームの詳細、控え力も重要な要素です。

次は今季のjリーグの監督を改めて紹介いたします。

一、ヴァンフォーレ甲府と吉田達磨

ヴァンフォーレ甲府は、日本の甲府市、韮崎市を中心とする山梨県全県をホームタウンとします。チーム名はフランス語の「Vent(風)」と「Forêt(林)」を合わせた造語で、戦国時代の武将の武田信玄の旗印である「風林火山」に基づいています。また、母体企業を持つJリーグクラブがある 一方で、ヴァンフォーレは特定の母体企業を持たず、地元山梨の会社などの小口スポンサーの支援を受けています。

吉田 達磨は現役時代のポジションはミッドフィールダー(MF)です。2016年11月15日、2017年シーズンよりヴァンフォーレ甲府の監督に就任することが発表されます。

二、FC東京と篠田善之

FC東京は、日本の東京都をホームタウンとします。首都のプロサッカークラブですが、クラブの成績はまあまあです。チームの監督も変更する頻度が高い。

篠田 善之は、山梨県甲府市出身のサッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)、元サッカー選手です。現役時代のポジションはミッドフィールダー(主にボランチ)。2017年は天皇杯・ルヴァンカップで敗退しました。2017年9月10日、安間貴義コーチが昇格してFC東京の暫定監督を務めることが決めました。

三、アルビレックス新潟と三浦文丈

アルビレックス新潟は、日本の新潟県新潟市および北蒲原郡聖籠町をホームタウンとします。2004年から今までずっと所属ディビジョンはj1リーグ、クラブライセンスもj1リーグです。

三浦 文丈は、静岡県清水市出身の元サッカー選手、サッカー指導者です。1993年から2006年までJリーグの選手として活動しました。監督としての履歴は一年です。

2017年より新潟監督に就任しました。だが開幕10試合で1勝2分7敗の17位に低迷し、5月7日付で休養しました。その後呂比須ワグナーの監督就任に伴い、正式に辞任しました。